京都・宇治・世界遺産 平等院
平等院からの最新情報、年中行事、その他イベント情報などのお知らせです。
平等院の歴史、文化財、現在取り組んでいる事業など平等院にまつわる最新情報です。
拝観時間・拝観料などのご案内です。
地図やアクセス方法などのご案内です。
平等院の寺院・仏像・周辺観光などを、わかりやすい写真や地図で ご案内いたします。当地を散策するように平等院探訪をお楽しみ下さい。
平等院ミュージアムショップの通信販売ページです。
平等院に関する、よくあるご質問とその回答を集めました。
お問い合わせや本ページの著作権についてご説明します。
TOP > 平等院探訪 > 平等院マップ > 鳳凰堂
平等院探訪

平等院マップ

  鳳凰堂

 

 

 

平安時代後期、天喜元年(1053)に、時の関白藤原頼通によって平等院に建立された阿弥陀堂です。華やかな藤原摂関時代をしのぶことのできるほとんど唯一の遺構として、このうえなく貴重な建築です。最も大きな特徴は池の中島に建てられていることで、あたかも極楽の宝池に浮かぶ宮殿のように、その美しい姿を水面 に映しています。
堂内の中央には金色の丈六阿弥陀如来坐像が端坐し、周囲の壁および扉には九品来迎図、阿弥陀仏の背後の壁には極楽浄土図が描かれています。そして左右の壁の上部には52体の雲中供養菩薩像が懸けられています。
現在では色あせてしまっていますが、堂内の天井や小壁は、宝相華を主とする文様で埋めつくされていましたし、柱にも、天衣を翻して舞う天人や楽を奏する天人、飛び立つ鳳凰、宝相華、唐草文様などが描かれ、これらは鮮やかに彩 色されていました。そして天蓋中央部の大型の八花鏡のほかに、天井には計66個もの銅製鏡が吊られています。鏡は夜間にはゆらゆら揺れる灯明の明かりを反射して、幻想的な世界を創り出していたはずです。
『続本朝往生伝』という平安時代の本に「極楽いぶかしくば宇治の御寺をうやまえ」という記述があります。当時の人々は鳳凰堂を地上に出現した極楽浄土ととらえていたのです。




鳳凰

銅製鋳造鍍金
北方像 像高98.8 cm 総幅34.5 cm
南方像 像高95.0 cm 総幅44.5 cm
平安時代・11世紀

阿弥陀堂中堂の大棟の南北両端に据えられていた鳳凰1対です。阿弥陀堂は、その外観が尾の長い鳥が翼を広げたような形をしていることや屋根上のこの鳳凰形棟飾りによって、近世以降、鳳凰堂と呼ばれるようになりました。ここでは東向きに建てられている鳳凰堂の向かって右側に据えられた像を北方像、同じく左側の像を南方像と称することにしますが、両像ともいまは大気汚染による錆害などの保存上の見地から取り外されて宝物館に保管され、新たに制作された復元模像が大棟に載せられています。
現在、鳳翔館で拝観できます。

 




梵鐘

銅製鋳造

総高199.0cm  竜頭高41.8cm  笠形高10.9cm  
身高146.0cm  撞座径19.7cm  口径123.0cm  口厚12.0cm
平安時代  12世紀 

梵鐘はかつて鳳凰堂南側の園池のほとりに建つ鐘楼に懸けられていました。いまは大気汚染による錆害など保存上の見地から取り外されて宝物館に収蔵され、鐘楼には新たに製作された復元模像が懸けられています。平安時代を代表する梵鐘の1つで、古くから「姿の平等院鐘」、「声の園城寺鐘」、「勢の東大寺鐘」の「天下の三名鐘」の1つとしても有名です。 鬣を真上に逆立たせた竜頭が飾られたり、宝相華唐草の地文の上に鳳凰や、踊る天人などがえがかれています。
現在、鳳翔館で拝観できます。

 

(C)Copyright byodoin. All right reserved.