京都・宇治・世界遺産 平等院
平等院からの最新情報、年中行事、その他イベント情報などのお知らせです。
平等院の歴史、文化財、現在取り組んでいる事業など平等院にまつわる最新情報です。
拝観時間・拝観料などのご案内です。
地図やアクセス方法などのご案内です。
平等院の寺院・仏像・周辺観光などを、わかりやすい写真や地図で ご案内いたします。当地を散策するように平等院探訪をお楽しみ下さい。
平等院ミュージアムショップの通信販売ページです。
平等院に関する、よくあるご質問とその回答を集めました。
お問い合わせや本ページの著作権についてご説明します。
TOP > 平等院探訪 > 国宝仏像紹介 > 雲中供養菩薩像(全体)
平等院探訪

国宝仏像紹介

   雲中供養菩薩像(全体)


木造、彩色・漆箔・切金


鳳凰堂中堂母屋内側の長押(なげし)上の小壁(こかべ)に懸けならべられている52体の菩薩像。この群像も定朝工房で天喜元年(1053)に製作されたものです。
南北二つのコの字形に本尊阿弥陀如来坐像を囲んでならんでいます。南北半数ずつに分けて懸けられ、各像には北側分は1から26までの、南側分は1から25までの番号を、背面壁からはじまり側面壁をへて正面壁にいたる順につけています。南側の最後にある1躯は、他の51躯が国宝指定を受けた後に堂外から発見されたものであり、番外とされています。
各像はいずれも頭光(輪光)を負い、飛雲上に乗ってさまざまの変化にとんだ姿勢をとります。5躯は比丘形(僧形)で、他は菩薩形です。比丘形の5躯はいずれも坐像で、3躯は合掌し、2躯は印を結んでいます。菩薩形の像は多くが坐像で、それらはいろいろな楽器を演奏したり、あるいは持物をとったり、合掌したりしています。菩薩形像のうち6躯は舞い姿の立像です。

各像のゆったりとしたやわらかな肉どりや、穏やかな顔だち、自然な衣文などは本尊阿弥陀如来像に共通 しています。

 

阿弥陀如来坐像
雲中供養菩薩像
雲中供養菩薩全体
雲中供養菩薩全体
雲中供養菩薩全体
舞う像

南20号像

北9号像
楽器

南4号像

南21号像

南1号像
持物

南3号像

南10号像

南2号像

北25号像
僧形

南12像

 



 

(C)Copyright byodoin. All right reserved.