お知らせ
News

   
2021.4.5

2021年4月6日(火)~7月7日(水)ミュージアム鳳翔館 開館20周年記念特別展「飛翔二十年 千古不易への挑戦」

平等院ミュージアム鳳翔館開館20周年記念特別展

飛翔二十年 千古不易(せんこふえき)への挑戦

令和3年(2021)、平等院ミュージアム鳳翔館は開館20周年を迎えます。前身である宝物館から作品管理を受け継いで以来、当館は保存・修理・公開の三部門を統合し、寺院付属として日本初の登録博物館となりました。

なかでも約一千年もの文化を持つ平等院にとって、修理はひときわ重要な課題であり、その理念は当館の搬入口の大きさにあらわれています。平等院の中心的存在である鳳凰堂、そこに安置される本尊阿弥陀如来坐像は、特にかけがえのない宝です。これを守るため、当館は有事の際に本尊を運び込めるよう、開口部を広く設計されているのです。

一方で、当館には鳳凰堂に関わるものだけではなく、各塔頭の寺宝調査により見いだされた作品も幅広く収蔵されています。こうした作品を後世に伝えるため、当館では継続的な修理事業を行ってきました。本展覧会では、会期中第1期を修理、第2期には復元をキーワードに、当館20年の軌跡をご紹介いたします。

第1期では、「左近貞綱筆 阿弥陀来迎図」をはじめ、初公開となる作品が修理時の解説を交えてお目見えします。第2期では、修理過程の研究の成果として作られた復元制作の世界をご紹介いたします。

いずれも遠い昔に作られた作品ばかりですが、修理や復元の活動を通して、制作当初の時代へ思いを馳せていただければ幸いです。

会 期:2021年4月6日(火)~2021年7月7日(水)予定

※会期中無休、展示替えあり。展示期間の日程については、後日掲示します。

時 間:9:00~17:00(鳳翔館)

料 金:無料 平等院拝観料が必要 大人600円、中高生400円、小学生300円

主 催:宗教法人 平等院

場 所:平等院ミュージアム鳳翔館(京都府宇治市宇治蓮華116)

阿弥陀三尊像(高麗仏画)修理後_本紙全図_前期.jpg

(初公開)阿弥陀三尊像(高麗仏画) 伝張思恭 高麗時代 絹本著色・軸 浄土院【前期】

阿弥陀来迎図039 修理後 本紙全図_中期.jpg

(初公開)阿弥陀来迎図(左近貞綱作) 木村貞綱(徳栄) 江戸時代 紙本著色・軸 浄土院【中期】

平等院境内古図(甲本)_⑩仮張り乾燥_後期.jpgのサムネイル画像

(修理後初公開)平等院境内古図(甲図) 江戸時代 紙本墨画・パネル・額 浄土院【後期】

南無仏大師像_全影_完成_通期.jpg

(初公開)南無仏太子像 木・顔料 木彫 最勝院【通期】

不動三尊像(観音堂所在)_通期.jpg

(宇治市指定品)不動明王立像及び二童子像 平安・江戸 木・木彫 平等院【通期】

観音堂厨子扉絵スキマ無し_通期.jpg

観音堂厨子扉絵 二天図 木村徳応 江戸時代 板戸著色・扉【通期】

この記事をシェアする