和装婚礼写真

平安王朝の華麗なる文化を今伝える、平等院・鳳凰堂

その美しさは、1000年もの間、
この地で多くの人々の手により守られてきました。

目の前にそびえる朝日山から昇ったばかりの太陽は、天然のスポットライト。
主役のふたりと鳳凰堂を艶やかに移し出します。

ひんやりとした爽やかな朝の空気をまとい、
誰もいない二人きりの平等院を巡る特別なひととき。

鳳凰はもともと、「鳳」「凰」のつがい。2羽そろって「鳳凰」になります。
そして鳳凰は、幸せの前兆に天から舞い降りると伝わる瑞鳥。

鳳凰堂の屋根上に捉えられた一対の鳳凰は、
これまで多くの人々に幸せを届けてきました。

荘厳な鳳凰に祝福され、穏やかな阿弥陀如来に見守られて過ごすひととき。

歳を重ねても、極楽浄土でも、いつまでもおふたりの幸せを祈り、見守り続けます。

フォトギャラリー

お問い合わせ

下記のお問い合わせフォームよりご相談ください。

お問い合わせ

※境内にて無断での婚礼写真の撮影はご遠慮いただいております。