千年輝き続ける
美のミュージアム

平等院ミュージアム 鳳翔館

目前に迫る、
国宝の数々

現代科学でよみがえるもう一つの平等院
多くの国宝を収めた登録博物館
「梵鐘」「鳳凰」「雲中供養菩薩像」
謙虚で誠実な立ち振る舞い...
深く心に残る空間体験
刹那と永遠が交差する平等院ミュージアム鳳翔館

概要

「鳳翔館」は、旧宝物館(1965年竣工)の老朽化に伴い、先端的設備などの導入による収蔵環境の改善を施した第3世代ミュージアムとして、平成13(2001)年に開館しました。宗教法人の運営としては初の総合博物館(登録博物館、府20)です。 鳳凰堂を中心に史蹟名勝に指定されている庭園の風致と調和した外観を実現するために大半を地下構造としながら、館内は自然光を意図的に取り入れるなど、照明の工夫も施しています。 さらに、国内最大級のガラスウォールケースを使用するなど、展示物に対する空間特性を生かす構造にも配慮しています。

主な収蔵展示

国宝 梵鐘1口、雲中供養菩薩像26躯、鳳凰1対
重要文化財 十一面観音立像
宇治市指定文化財 帝釈天像、地蔵菩薩像 ほか
その他 発掘出土品
(平安時代鬼瓦、創建期軒瓦、創建当時土器など)
復元映像
(最新のデジタル技術を用いたコンピューターグラフィックスによる映像)
国宝検索システム
(平安美術の最高峰とされる国宝の数々を超高精密画像と光学調査画像で検索)

施設詳細

事業主 宗教法人 平等院
開館 平成13(2001)年3月1日
設計者 栗生 明
施設用途 展示室、収蔵室、ミュージアムショップ
館内マップはこちら

特別展のご案内

オンラインストアを見る